最新情報

2019 / 09 / 12  00:01

2019/10/04 開催 福島県南相馬市・Africa Talk & Live アフリカの風・大地の響き ~ケニアから命のメッセージ~

67404277_2408103289249440_7350165434169032704_n.jpg

 Africa Talk & Live

アフリカの風・大地の響き

~ケニアから命のメッセージ~

 

ケニアのドゥルマ民族の伝統的なタイコ演奏と、ギターと歌。

キベラスラムで困難を乗り越え助け合いながら生きる子どもたちのお話。

 

魂が響き合うアフリカの力強い音楽に

思わず体が動き出します。

 

キベラスラムの子どもたちの夢、

どん底の貧困から生み出す希望、生きていく勇気。

 

語り合い、音楽で一体になって、

より良い地球の未来のために一歩を踏み出しましょう。

 

子どもたちの教育と暮らしを支える

色とりどりのアフリカングッズの販売もあります。

 

 

●日時:

2019年10月4日(金)

開場13:00、開演13:30、終演15:30

 

●参加費用:

お気持ち制

 

●場所:

小高山 同慶寺

福島県 南相馬市小高区小高上広畑246

0244-44-2335

http://doukeiji.org/

 

●アクセス:

JR常磐線 小高駅り徒歩25分、自動車で7分

 

●出演:

早川千晶(ケニアのお話し)

大西匡哉(ケニアのドゥルマ民族のタイコ、ギター、歌、カヤンバ)

 

【出演者プロフィール】

 

★早川千晶(はやかわ・ちあき) 

ケニア在住31年。キベラスラムのマゴソスクール主宰。撮影コーディネーター、通訳、ライター、「アフリカに深く触れる旅」案内人。

1999年、ナイロビ最大級のスラム・キベラで、孤児・ストリートチルドレン・貧困児童のための駆け込み寺「マゴソスクール」を設立、ミリティーニ村にジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)、キベラスラム出身の高校生・大学生の奨学生グループ「マゴソOBOGクラブ」、マゴソ洋裁作業所、障がい児特別学級などを運営している。著書に「アフリカ日和」。

2013年在ケニア日本大使館在外公館長表彰、2015年度第5回賀川賞受賞。2018年ドゥルマ民族の旗持に就任。マゴソスクールを支える会  http://magoso.jp/

 

★大西匡哉(おおにし・まさや)

ケニアのドゥルマ民族の村で、伝統文化継承者スワレ・マテラ・マサイ氏に師事し、8年間に渡るケニア音楽修行を終え2013年帰国。ドゥルマ民族の伝統打楽器「ンゴマ・ンネ」に独自の楽器を加えたセットや、アフリカンスタイルを取り入れたアコースティックギターなどで、オリジナリティ溢れるライブを展開している。

2014年、ソロアルバム『Tuvute Pamela~みんなで引っ張ろう!』をリリース。

2016年、ブルキナファソ出身のミュージシャン、Benoit Millogo氏、山北紀彦氏とともに、BALANGOMA結成。2017年、『Yiriba~大きな樹』をリリース

2018年、ドゥルマ民族の伝統音楽センゲーニャの継承者・14名の旗持の1人として正式に就任。聖地カヤダガムラへの民族回帰計画のサポートを開始。Sengenya Japan代表。

Youtube→ https://www.youtube.com/user/sauti15